TOEIC600点は単語と文法力だけで取れます。

英単語や英文を何度も忘れず、ガッチリ記憶に残す方法とは

こんにちは!りょーたです

今回のブログはTOEIC600点以下の方を対象にしています。また、TOEIC600点以上の方でも、単語・文法力がない人には是非見て欲しいです。

とりあえずTOEIC600点は取っておきたいですよね!僕もTOEIC300点台の時期はだいぶ憧れていました!笑

最初に言っておくと

リスニング力が無くても600点くらいなら取得できます
(リスニングは問題集でちょっとやって見直すくらい)

そしたら何したらいいねん?って感じですよね

それは単語と文法です


この二つ極めちゃえば、だいたい600点は取れます

単語と文法より問題集タイプの子(EX)

TOEIC学習者で失敗する人の例を用います

(600点欲しい子Aちゃん)

Aちゃん→ 600点欲しいなーどーしよかな
あ!とりあえず問題集やろ。試験まで4ヶ月もあるし、問題集を週に2セットやってれば点数あがるでしょ

Aちゃんは1、2、3ヶ月欠かさず

問題集を解き、問題に慣れてきた

4ヵ月後、、、
350点→500点

まあ問題集だけ一生懸命やれば

ある程度TOEIC問題傾向に慣れるから

この程度の得点は上がるかも知れません(もっといくかも)

この例はまだマシな例ですが

これは大変もったいないです

つまり、文法・単語の基礎もできてない人が

問題慣れで点数を取っても英語力の向上にも役に立たないし

点数自体もたいして上がりません

キーポイントは

この600点に向けての勉強で基礎力を付けて
更に高い点数を狙える自分になっていくことです!

単語と文法の基礎力を身につけた人は、強い!

焦らず、じっくり、基礎力を身に付けていきましょー!

単語と文法の勉強方法

ここでは、ぼくがやってた勉強方法を紹介します!(フィリピンの語学学校から学んだ)

1 TOEIC単語集、文法集を3回くらい繰り返し読む(暗記)
ぼくのオススメの参考書

2 1と同時に、TOEIC問題集をやる(図書館とかで借りて)

ポイントは

単語と文法を暗記しながら

問題集でその実力を試す

1を一生懸命やって、問題集に取り組むと
「あ!この単語知ってる!でたこの文法!」

こんな感じに楽しみながら、簡単に解ける問題が増えます笑

でも、何で1、2を同時にやるの?

それは、同時にやると

暗記(練習)→問題集(実践)→長期記憶(実力)

こんな素晴らしいシステムが成り立ちます!

どの分野でも業界でも通じると思いますが、

練習 → 実践 → 実力 ですよね!?

例えば、ある野球部が、練習だけずーっとやって、試合(実践)をやらなかったら経験不足のせいでどうしても、試合では負けます。

それとは反対に試合ばっかやって、練習を手抜いてやっていたら、基礎力不足で負けちゃいますよね。

練習をしっかりやって、試合も行ったら
実力がある強いチームになると思います

だからこそ、1,2の両方を同時にやる事が大切なのです

暗記(練習)→問題集(実践)→長期記憶(実力)
このシステムは絶対実力に繋がります!

単語と文法を勉強して余裕がでてきたらリスニング

「単語と文法の勉強方法」を実践していく中で

そのうち慣れてくる日が来ると思います。

そしたら、リスニング用の単語集とか買って

暗記(練習)→問題集(実践)→長期記憶(実力)
この繰り返しです!


注意点

暗記 → 問題集 → 長期記憶

このシステムを紹介しましたが

ちょっと気をつけてほしい事があります!

それは!!
問題集をやり終えた後、絶対見直しをすることです

問題集の解き方の詳しい解説

もしかしたら

「んなの知ってるよ」って思うかもですけど

間違えた問題には、貴重な貴重な情報があります
その貴重な情報を自分のものにするか

しないかでTOEICの得点は大きく左右します

自分が間違えた問題の原因を分析し

その原因を突き止め理解する

① 間違えた問題 → ② 分析

③ 原因 → ④ 理解

(EX

① 文法ミス → ② なんでだろう?

③ afford doing かafford to do どっち?
④ afford to do お決まりのやつやん

今日の記事でTOEIC600点ゲット!

今日は以上です

英単語や英文を何度も忘れず、ガッチリ記憶に残す方法とは

compare-ph-ryugaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ管理人:りょーた

ブログ管理人:りょーた

2015年にマニラの大学に交換留学していました。現地密着型エージェント「e-student」を2016年に設立、現在は大学留学の魅力を伝えるために奮闘中です。洋楽と旅行とフィリピンを偏愛しています。留学、英語・タガログ語学習のご相談は公式ラインへどうぞ詳しいプロフィールへ…