フィリピンの世界遺産「バナウェの棚田群」の観光・旅行ガイド!

バナウェにある世界遺産「コルディエラの棚田」がまさに天国への階段で感動。その魅力、豆知識、おすすめのホテル、マニラからバギオ・バナウェへの行き方を全てまとめました!フィリピン観光情報に役に立てれば幸いです。

特にバギオに語学留学されている方におすすめ!

バナウエの棚田の豆知識

Photo by Ryota

バナウエの棚田群とはフィリピン・ルソン島のコルディエラ山脈にある棚田群です。(英語:Rice Terraces of the Philippine Cordilleras)

コルディエラの棚田と呼ばれたり、バナウエの棚田と呼ばれたりするので少し

混乱しますが…世界遺産では1995年にコルディエラの棚田と登録されています。(英語:Rice Terraces of the Philippine Cordilleras)

先住民族のイフガオ族がこの「コルディエラの棚田群」を2千年以上の月日をかけて築き上げてきました。総面積は約2万ヘクタールですべての棚田を合わせると、その長さは2万キロ、地球半周分にも及びます。

人間の手によって造り出されたものとは信じ難い、壮大で美しい風景は「天国への階段」とも称されます。

数々の民族との対立・紛争からも守られてきた棚田は、イフガオ族の知恵と計り知れない労力を感じさせます。脈々と受け継がれてきた知恵は今もなお残り、棚田に訪れる世界中の観光客に美しい景観を与えてくれます。

たなだ=棚田

2つの棚田群がある

バナウェウ付近にはなんとBatadとHapaoという2つの名前の棚田群があります。

写真などでよく見たりするメジャーな棚田はBatadです。反対に比較的マイナーな棚田となるのがHapaoです。世界遺産に登録されているのもBatadの棚田になります。

ぼくは両方行きましたが、それぞれの棚田群に違った魅力や特徴があるのでとても楽しかったです!

短期で旅行をされる方や、時間に余裕がない人はBatadの棚田に行く事をおすすめします。もし時間に余裕がある方でしたら、Hapaoの棚田も観光してみるとさらに良い旅行になるかと思います。

ここでBatadとHapaoの特徴・見どころを紹介してみます!

Batadの特徴

・世界遺産の棚田群がみれる

・滝を見れる・入れる

・辿り付くまでが少しキツイ

Batadの棚田群は言うまでもなく、写真・イメージ通りのものです。棚田群のビューポイントをずっと進めば滝を見る事ができるし、入ることもできます。ただ、実際に行ってみると分かりますが、観光するというよりハイキングに近いので結構疲れます。Hapaoと比べても、道が整ってなくて、距離もあります。ぼくは何日間か筋肉痛が続きました(笑)

Hapaoの特徴

・Batadの棚田よりは迫力がない

・天然の温泉や綺麗な川がある

・道が緩やかで楽

Batadの棚田と比べると迫力は少しなくなりますが、Hapaoならではの素朴な情景があります。Hapaoを進むと川の近くに、天然の温泉があります。そこでは、お金は一切払う必要がなく、無料で誰でも入ることができます。後はHapaoの道のりは、Batadと比べるとかなり楽です。散歩気分で気軽に行けると思います。

Batadの棚田と滝へGO!

目的地は滝(Tappiyah Falls)で、そこに向かいながらBatad棚田群のビューポイントを見ていくという感じになります!

バギオからバナウェまでバンで約6時間かけて、夕方に到着しました。その日は長い移動時間などで疲れていたので。滞在先のBOGAH HOME STAY(以下BHS)でゆっくり休み、翌日の計画についてBHSの従業員のDENWILLと話しあいました。

翌朝になり約10時ころさっそくBatadへ出発ー!

DENWILLに頼んでトライサクルを1日借り、バナウエの豊かな自然に包まれながら途中地点に約1時間で到着!

ここから下はトライサクルで行けない…てか景色最高…

この地点からは道は本格的にBatadへに入っていくので、かなり傾斜が高くなってきます。普通はここからツアーガイドと一緒に歩いて、そのままBatadにハイキングするという流れです。

もしくは、ジプニーを1日借りている人なら下まで歩かずに済みます。

ぼくはこの日ラッキーで、これから下へと歩いて行こうすると…DENWILLの従弟?がバイクで2ケツで下まで送ってくれました(笑)そのままDENWILLの親戚がぼくのツアーガイドになってくれ、ハイキングスタートです!

服装ラフでなめてますが後で後悔します…

険しい道をツアーガイドと歩いて行きます。途中壮大な棚田が見えてきたり、ニワトリがでてきたり🐓

もともと天気予報では雨だったので、急ぎ足で滝に向かいました.

ちらちら太陽が出てきたり来なかったりで、1時間くらい歩きました。その間に何か所かビューポイントで写真を撮りました。そしていよいよ僕が思う最高の景色を披露します…

そして想像を超えたバナウエの棚田がこれです!!

Photo by Ryota

感動。想像超えた。まさに天国への階段でした。

一瞬天国に行きそうになったり。でもまだぼくは天国には行けないので現実に戻って目を開けると、とにかく信じがたい風景が目に飛び込んできて、感動です。ここで一休みして透き通った空気をいっぱいすいました。

最高。

一休みしたあと、天気も不安定だったので目的地のTappiyah Fallsに向かいました。

世界最大の口コミ旅行サイトTripAdvisor (トリップアドバイザー)によると、バナウエ観光名所ランキングでバナウエの滝(Tappiyah Falls)は第3位の名所になっています。

*トリップアドバイザーが気になる方は→海外ホテル予約・口コミの世界最大旅行サイトがお得な件【旅行者必見】

この滝で泳いだりすることもできるので、夏とか晴れの日にいくと更に楽しめることができます。ぼくが1時間さらに歩いて到着した瞬間には、雨が土砂降りで降ってきました(笑)

フィリピンの雨季は6月~ー10月なのでしょうがないですが…でも当日は雨が降ったり太陽が出てきたりの連続だったので、まだ良かったです。

Tappiyah Fallsも綺麗に写真に収めることが出来ました!

Photo by Ryota

う、美しいです…

フィリピンの酷暑期は3月~5月までで、乾期は11月~2月とされているので、この時期に行かれると涼しげに水遊びができるかと思います。この瞬間は少し雨がパラパラと降っていて、水温も冷たかったと思いますが何人か水遊びをしていました(元気かよ)

それでは、このBatadの翌日に行ったHapao様子を簡単に綴りたいと思います!

Hapaoの棚田群!

Photo by Ryota

Hapaoの棚田群はバナウエとはまた違った良さがありますよね!より素朴な風景を楽しめる事ができます。Banaueを観光した時は滝を目的地にして、歩きながら棚田群を楽しむという感じでしたよね!

しかし、Hapaoの目的地は天然の温泉になります!無料で誰でも入れることができるので、ちいさな子供や家族連れが結構いることもありますが…現地のツアーガイド情報によると、普段は大勢の人は居ないので、ゆっくりと温泉が楽しめると言っていました。

うん。結構人いるけどね。

この温泉の下は美肌に良さそうな泥があって、中にはそれを顔に塗って「泥パック」のようにして楽しんでました!

Hapaoの良さは温泉だけでなく、透明のように透き通った川が流れていることです。実はこの天然温泉の横に大きい綺麗な川が流れていて、かなり人がそこで楽しんでいました。

この画像は天然温泉の横にある川ではありませんが、このような川が至る所で流れています。そして、この川がどこからきてるのか?

天然温泉の横にある大きな川から来ています。これをみても水の透明度の分かりますよね!とても癒されました!

Batadの棚田群と滝を見物した翌日は、Hapaoに行ってみてはいかがでしょうか?また違った良さに魅力を感じると思います。Batadに比べHapaoの道のりはとても緩やかなので、散歩気分で観光できます。Batadではそうはいかないですが(笑)

最後にBanaueに滞在する人へおすすめする宿泊施設をご紹介します!ぼくもここに滞在し大変お世話になり良い思い出つくれました!

Banaueでおすすめの宿泊施設

BOGAH HOME STAY

その名も

BOGAH HOME STAY!

名前にホームステイとあるように、まるでフィリピンにいる親戚の家に遊びに行ったかのようにくつろげます(フィリピンに1人も親戚はいないけどね)

2人のお世話役のフィリピン人の女の子がいて、彼女らがご飯などを用意してくれます!観光やガイドの手配・計画は、DENWILLというフィリピン人男性が担当してくれます。

なのでツアーガイドや旅程などの心配は要りません。そういった事もサービスとして、バナウエのエキスパートである彼らがやってくれます!

ぼくが一番ここに来てよかったなと思ったのはかなり英語の勉強になったということです。

ご飯を食べる時は世話役の2人と色んな事を話したり(もちろん英語)、外でゆっくり休んで一服する時はDENWILLと話したりと。とにかく英語を使う機会が多かったです。マニラの大学にいるより全然英語使った(笑)

アットホームな家で新しい出会いがあったり、そこから新たな発見・発想を得たい方などにオススメする宿泊施設です。ホテルで1人の時間を大切にするより、現地の人や各国の人達と交流を結んでなおかつ落ち着ける場所に泊まりたいならBOGAH HOME STAYがおすすめ!

料金

2泊→約6000円

食事→1食平均100ペソ

(食事はホテル代に含まれていないので、チェックアウトする時に現地で払います)

BOGAH HOME STAYは1年前にできた新築の建物ですがリーズナブルな価格とサービスの質の良さで、バナウエで3番目に人気の宿泊施設になっています!

もっと詳しい口コミを見たいならトリップアドバイザーでご覧下さい!ホテルの予約もトリップアドバイザーで出来るので便利です(ぼくもトリップで予約しました。楽。)



マニラからバナウェへの行き方&帰り方

Photo by Ryota

マニラからバナウエに行くにはバスかバンしか手段がありません…

ここではぼくが実際に行った行き方と帰り方をご紹介します!今のところマニラからバナウエ行きの直接便があるという有力な情報がなく、一回バギオなどで経由する必要があります!

*ここで紹介する情報と事実は予期なく変更される可能性があります。また、ここでの情報に誤り・有益な情報・最新情報があればコメント欄でメッセージを頂けると幸いです。ご協力お願いいたします。

マニラからバギオへの行き方

ぼくはバギオで別件の用事があったので、まずバギオで一日宿泊してから翌日の朝にバナウエに向かいました。

所要時間

約7時間(マニラからバギオ)

バス会社

ビクトリーライナー(マニラからバギオ)

運賃

約450ペソ(マニラからバギオ)

マニラからバギオに行くには「ビクトリーライナー」というバス会社を利用すれば大丈夫です。マニラ空港付近からタクシーを使った場合約300ペソで行けます。ビクトリーライナーとグーグルマップで検索しても出てきますし、タクシーにビクトリーライナーと言えば大体伝わります。

ぼくはデラサール大学付近に住んでいて深夜でも約150ペソで行けました。ビクトリーライナーにはノーマルバスとデラックスバスの2種類があり、ノーマルバスなら24時間運行しています。

デラックスバスの運賃は約750ペソと言われていて、運行本数は一日5本です。ぼくは深夜2時にマニラを出る予定でしたのでノーマルバスを利用しました。デラックスバスは1:15AM,6:15AM,11:15AM,1:15PM,11:45PMの便があります(2015-11月現在)

*デラックスバスは予約が必要です

マニラからバギオまではノーマルバスだと7時間以上掛かって、デラックスバスだと1時間程早く到着するかと思われます。バスの運行中には約3回の休憩がありそこでトイレやら売店などで食事を済ませられます。休憩時間は約15分~20分程度です。

バギオからバナウェへの行き方

所要時間

約6時間(バギオからバナウエ)

運賃

約350ペソ(バギオからバナウエ)

バス会社

 

T.Alonzo(バギオからバナウエ)

バギオからバナウェに行くなら「T.Alonzo Magsaysay」というバス会社?がおすすめです。ぼくは他のサイトを見て「KMS LINES」というバス会社でバナウエにアクセスできると情報を得ましたが、朝から運行しているはずのバンがもう運行停止になっていて、夜19:30分のバスしかないと言われました。

僕はそこのバス会社以外でバナウエに辿り付く方法を全く知らなかったのですが、タクシーの運転手に聞き込み他のバス会社に連れていってもらいました(本当に奇跡だった)

その連れて行ってもらったバス会社が「T.Alonzo」というところで、そこはバナウエ行の

ミニバンが一日に何本も運行しています。

バス会社と言っても運行しているのはバスではなくミニバンなので、長時間の移動は結構つらいです。とはいっても「KMS」でもバスではなくミニバンしか見なかったので、これに関しては避けれらないかと…

バナウエまで3回程休憩があり、休憩時間は約15分から20分です。

バナウェからマニラへの帰り方

バナウエからマニラへの帰り方はとても簡単なので、心配はいりません!まあバナウエに辿りつけば帰りも帰って来れるでしょう(笑)宿泊先の従業員に聞けば答えてくれます!

帰りは一本でバナウェからマニラに帰れます

*帰りは一本でいけるから行きも一本で行けるかも知れません。

 

 

所要時間 

約9時間(バナウェからマニラ)

運賃 

約550ペソ

バス会社 

DANGWA

デラックスバスでこの料金です!

注意事項

 

マニラからバナウェへの旅は結構ハードなもとなるので、念のためにアドバイスのために注意事項を書いておきます!

 

 

情報と事実が違う

フィリピンあるあるだと思いますが、バス会社側などの事情により運行予定であったバスが既に運行停止になっていたり出発時刻が違っていたりと…

フィリピンの商売はとても悪く言えば無責任で気分屋だし良く言えば融通が利きますが…とにかくぼくのサイトや他のサイトの情報だけを頼りきってしまっても、情報と事実が違うということが起きます。

ぼくもバギオからバナウェに行くために、他のサイトに書いてあったバス会社に行ってみるともう朝の便のバスは無くなり夜の便しかない…という事がありました。

なので常に最新の情報を把握しておく必要があります!

心配な方は旅行前日の間に、自分が乗る予定のバス会社にお問い合わせをしたり訪問してみるのが良いと思います!

 

クーラーが効きすぎてる

 

バスに乗ってみると分かりますが車内はとても寒いです。なので移動用の防寒着やブランケットを用意されておくと良いと思います!特にマニラとバギオやバナウェの温度はかなり違うので、体調を崩さないようにして下さい!

移動がかなり辛い

マニラからバナウェ往復合計時間は約20時間を超えます!かなりきつい旅になりますが、その分得られるものも大きいです!

特に車酔いをされる方は酔い止め用の薬を持って行って下さい!ノーマルバスやミニバンに長時間乗ると、席が狭かったり揺れたりと酔いやすくなります。ぼくはバギオからバナウェへの道中約1時間で車を止めてもらい死にました(笑)

バギオやバナウェは山道だったり険しい道になるので過酷です(乗り物酔いしすぎだろおれ)。他のフィリピン人を見ると意外に余裕そうだったのでめっちゃ羨ましかった(笑)

あと!

ぼくてきには移動の際はデラックスバスをおすすめします!

行きはノーマルバスを利用したのですが狭いし隣の人なんかうざいし(笑)とにかく落ち着かなくて一睡もできなかったです…帰りはデラックスバスをしてぐっすり休まさせて頂きました!

以上で終わります!バナウェに行った感想や質問などがあればコメント欄にメッセージ下さいね~!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ管理人:りょーた

ブログ管理人:りょーた

休学中(大学4年)。第二言語習得法専攻。高校生の時に2か月間のフィリピン語学留学をしてTOEIC900点を取得したことがきっかけでフィリピンが好きになり、りょーたという良くありがちな名前でブログを書き始めました。フィリピンの大学に交換留学をした後、フィリピン留学エージェント「e-student」を20才の時に設立。洋楽が大好きです。趣味は旅行。フィリピン留学のご相談は公式ラインへどうぞ詳しいプロフィールへ…


広告




スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. かすみ より:

    突然ごめんなさい!
    私は大阪に住んでる20歳の日本人です!
    今度、フィリピンのオロンガポ、マニラ、ビガン、バナウェに行くんですが、
    ホテルとかバスとか色々わからないことしかなくて困ってます!
    どうかどうか、私にフィリピンの色々を教えていただけないでしょうか(*_*)、、、
    mc.kasumi@gmail.com

    連絡待ってます。

    • りょーた より:

      かすみさん初めまして!

      いつ頃フィリピンに来られるんですか?

      ホテルの探し方はトリップアドバイザーというサイトを使うと良いですよ!

      バスなどの探し方はホテルの店員に聞くの手っ取り早くて安心です!前もってバスなどの行き方を調べる必要がある場合は、ググったら意外と有益な情報が載ってると思います!

      バナウエは前に行った事があるので、マニラからバギオ・バナウエまでの行き方や観光情報、おすすめのホテルも詳しくこの記事に書きました!その他に分からない事があったりしたら公式ラインに連絡下さいね~!

  2. 伊林 永典 より:

    はじめまして。

    バギオからバナウェへの行き方を調べていて、
    ブログにたどり着きました!

    すみません!T.Alonzo Magsaysayの
    ミニバンの乗り場を教えていただけないでしょうか?

    来週から一人旅行で行く予定です。

    どうぞよろしくお願いいたします。

  3. […] 関連記事:フィリピンの世界遺産「バナウェの棚田群」の観光・旅行ガイド […]