フィリピン語学留学は融通が利くから良い。

女性限定・初心者専門の英会話スクール

フレキシブル!FLEXIBLE!

Flexibleは英語で「融通の利く」

という意味があります

(TOEICでも良く出ます)

今まで

フィリピン語学留学の良さを語ってきましたが

更にもう一つその良さがあります

フィリピン語学留学はFlexible

なんです

この事は留学前には

あまり知られていないと思います

ぼくも当然知らなかったので

今日の記事を読んでいる方はラッキーです

「2つのFlexibleポイント」

今日はフィリピン語学留学の

融通が利くというポイントを

2つに絞ってご紹介します

・途中でコース変更ができる

・チューターを選べる

 

「途中でコース変更ができる」

フィリピン語学学校に在籍中

「英語にも慣れてきたし

一般コースからTOEICコースに変えたい」

「TOEICは難しいから基礎作りのために

一般コースに変えたい」

とか思う時があるかも知れません

ぼくも在籍中に

コース移動・変更している人がいました

その多くは

英語に慣れたからTOEIC高得点を狙う

とかそういった人でした

少数の人でたまに

TOEICコースを受講してたけど

やっぱ難しいから一般コースに

っていう方もいました

このフレキシブルな制度は助かりますよね

 

留学前の予定とか目標が

留学中に変わってしまっても

 

自分の意思で自由に変更可能です

 

例えば

自分の英語力に自信がなくても

TOEICが勉強したいっていう方は

最初は一般コースで英語基礎力を上げて

後からTOEICコースに移動すれば

英語力もTOEICも格段に上がりますね

2つめのフレキシブルポイントに移ります

結構重要です

*コース変更に掛かる費用とかは

詳しくないので各自で調べて下さい

“>
スポンサードリンク

「チューターを選べる」

チューターというのは

現地の語学学校の講師や先生などです

チューターを選べるという事は

結構重要なことです

 

ぼくは好き嫌いが昔から激しくて

好きな人は好きで

嫌いな人は顔も見たくない

そんな子供みたいな性格です笑

でもやっぱり

自分に合う先生と合わない先生

っていますよね?

もし性格的に嫌いな先生が担当だったり

先生の授業の進め方が気に入らない

 

ってなったら嫌だと思います

しかも

嫌いな人の授業を受けるという事は

必然的にその授業もつまらないです

ぼくも

授業の進め方が気に入らない

性格的に嫌な先生が

僕の担当の先生になってしまった事があります

そんな時は

1週間でチューターを変える

 

ことができます笑

ぼくは実際に1週間で先生を変えました笑

ぼくが在籍していた学校では

チューターを変える1週間前くらいに

申請すれば大丈夫でした

あとチューターと言っても

何十人何百人くらい居て

各1教科につきチューターが変わるので

結構高い確率で苦手な先生と

出くわす可能性があります

 

だからこそ

チューターを選べる

ことは大切だと思います

女性限定・初心者専門の英会話スクール

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ管理人:りょーた

ブログ管理人:りょーた

休学中(大学4年)。第二言語習得法専攻。高校生の時に2か月間のフィリピン語学留学をしてTOEIC900点を取得したことがきっかけでフィリピンが好きになり、りょーたという良くありがちな名前でブログを書き始めました。フィリピンの大学に交換留学をした後、フィリピン留学エージェント「e-student」を20才の時に設立。洋楽が大好きです。趣味は旅行。フィリピン留学のご相談は公式ラインへどうぞ詳しいプロフィールへ…


広告




スポンサーリンク
レクタングル(大)